基本的に小動物臨床に関係する小動物臨床に関係することを取り扱っていますが、それぞれの希望に沿ったテーマで研究を進める事が可能です。

大きな目標は、臨床応用できるような事象を発見し明らかにし、実際の臨床において動物の治療に役立てることです。

分子生物学、細胞生物学、分子免疫学などの手法などを用いて研究を進めています。
用いる動物は、マウス、ウサギから犬猫まで様々です。 

研究スタイル

現在進行中のテーマ

犬のリンパ腫の腫瘍発生機構の解析 (伊賀瀬、水野、[卒業生:武田、江馬、柳瀬、片山]) 

犬のリンパ腫特異的に発現する抗原の解析 (伊賀瀬、森永、水野、[卒業生:梅城、柳瀬、片山]) 

犬のリンパ腫における腫瘍免疫機構の解析(根本、水野、[卒業生:鈴木])

犬の血管肉腫に対する新規治療法の開発 (藤木、水野) 

犬の腫瘍に対する免疫療法の開発と応用 (伊賀瀬、水野、[卒業生:酒井、中谷]) 

犬の腫瘍に対する腫瘍溶解ウイルス療法の開発と応用 (伊賀瀬、黒河内、水野、[卒業生:Chew、正司]) 

犬の腫瘍に対する抗体療法の開発 (根本、長谷川、井上、水野、[卒業生:時政、武本、福島])

犬の腫瘍に対するCAR-T細胞療法の開発 (酒井、水野)

過去または停止中のテーマ

犬の乳腺腫瘍特異的に発現する遺伝子の解析([卒業生:大川]、水野):とりあえず一段落

犬におけるグルココルチコイドの反応メカニズムの検討(山中、水野)

猫伝染性腹膜炎ウイルス感染症における新規液性因子の同定([卒業生:栗尾]、水野) 

Copyright © 水野 拓也(山口大学共同獣医学部臨床病理学分野分子診断治療学研究室). All Rights Reserved.

Proudly created with Wix.com